親族が亡くなった時には様々な整理が必要となります

心を込めた弔いと供養を

話題の斎場

斎場の役割

斎場は、葬式を行う場所であり、通夜と葬式を同一場所で実施しています。 これは葬儀を執り行う寺院や教会も含まれています。斎場は葬儀が行われるまでの間に霊安室として、遺族や親族向けの控室として設置されています。 施設による斎場が用意できない場合は、公民館やホテルでも利用することができます。これらを利用する時は会場使用料がかかります。もっと効率が良い方法に火葬場と葬儀会場を一緒にした公営斎場があります。 今後は葬儀の形態も変わっていきますが、どういう形であれ、故人とのお別れ会にふさわしい場所として斎場があります。 また、遠方からの弔問客に対する配慮などが必要であり、できるだけ質素でお金がかからない方法で葬儀を執り行う傾向にあります。

斎場に込められた二つの意味

斎場には、儀式を行うことを意味する神道用語と、一般的な意味としては葬儀を行える施設の二つの意味があるので、それぞれの特徴を紹介していきます。 まずは神道での用法ですが、神道では懐常的に設置されている神社の他に、仮設建物などを儀式などで利用されることがあり、これらを斎場と呼んでいます。特に葬儀では死穢を嫌うことから、神社で行われることはなく、死者の自宅などで行われることが多く、これらの葬儀のことを斎場と呼ぶこともあります。 一般的な用法は宗教によって違いはあるのですが、基本的には葬儀を行える施設を意味していて、斎場では遺族や親族に向けた控え室が用意されていることが多く、翌朝まで一泊できる斎場もあります。