親族が亡くなった時には様々な整理が必要となります

心を込めた弔いと供養を

多くの面に目を向ける

故人のことを考える

親族が亡くなった時には、故人のことを考えて様々な整理をしていく必要があります。亡くなった直後は葬儀の手配で慌ただしくなりますが、葬儀後も少し落ち着いたのであれば、遺品整理などを行う必要があります。遺品整理の場合、故人の想い出が残るものばかりでどのように整理すれば良いか分からないという人も多くいます。そのような時言は遺品整理業者に依頼しておくとスムーズに進めることができます。加えて、故人の家に仏壇などがある場合は、近くにいる親族が管理するか、跡継ぎとなる親族の家に仏壇を引越する必要があります。お仏壇の引越しをするときも、プロに任せることが肝心です。最近では様々な業者が誕生しており、そのサービスも多岐にわたります。特に仏壇やお墓に関する知識を普段から持ちあわせているという人は少ないので、分からないのであればプロの専門業者に依頼する方が良いでしょう。

お墓を管理する

お墓参りをするシーズンや時期は亡くなった時期によっても変わってきますが、毎日のようにお墓参りするわけではないので、墓石クリーニングが定期的に必要となります。特に遠方に住んでいてなかなかお墓に足を運ぶことができないのであればプロの業者に墓石クリーニングを依頼すると良いでしょう。故人のことを考えるのであれば、お墓も綺麗な状態を保っておく必要があります。自分が亡くなった時の為に、生前から様々な手配を進めておくのも1つの方法です。特にお墓はなるべく早めの段階で作っておくと良いでしょう。

  • パターンに別れる

    お墓の引っ越しを行うときは、様々な箇所に料金を支払う必要があります。引っ越しパターンによって料金の支払い額も変わるので、利用しやすいパターンを選ぶことが大切です。

    詳しく読む

  • 墓石を綺麗にする

    参拝するときに、墓石に水をかけて苔や汚れを落とすことが一般的です。忙しくてできない場合や汚れがしつこいときには、墓石クリーニングを利用すると綺麗にしてくれます。

    詳しく読む

  • 話題の斎場

    葬儀を行う施設には斎場と呼ばれるところがあります。一般的に通夜と言えば、亡くなった人の家で行いますが、斎場を利用することで通夜と葬式を一緒に行うことができます。

    詳しく読む